おたふく風邪 治療 感染 流行 潜伏期間

おたふく風邪の治療や感染経路、潜伏期間などについて

スポンサーリンク

【おたふく風邪とは!?】
正式名称「流行性耳下腺」と言われ、多くの場合は子供が発症する感染症です。
両側のほっぺが大きく腫れる様子がおたふくに似ていることからこの名前が付けられたと言われています。
耳の下あたりの耳下腺と呼ばれる唾液を分泌する器官が炎症を起こし腫れてしまうもので、人から人へとうつる病気です。
子供の頃に発症していない大人は発症する可能性がありますので注意が必要です。
このサイトでは耳下腺炎に関することについてまとめていますので気になる症状がありましたら他のページもご覧ください。
まずは基本的な知識を説明していきましょう!

 

【発症する原因・流行時期】
この病気はウイルスが原因となって発症します。
その名も「ムンプスウイルス」といいます。
このムンプスウイルスが身体の中へ入ることによって感染します。
冬場から春先にかけて発症することが多くなっていますが、都心部では一年を通じて発症する可能性があります。

 

【感染経路】
これには2種類考えられます。
「飛沫感染」(しぶきかんせん)
感染している人の会話中の唾液を直接飲み込む、クシャミ、咳などによって空気中に飛散したものを吸い込むなど、ウイルスを口や鼻から侵入させてしまいます。
「接触感染」(せっしょくかんせん)
共用のものを使用し、付着したウイルスを身体の中へ入れてしまうことにより発症します。
タオル、ドアノブやスイッチなど触れたあとは消毒するようにしましょう。

 

【潜伏期間】
上記のように人から人へとうつる原因はこのようなことが考えられます。
しかしおたふく風邪は潜伏期間が長いのが特徴です。
この期間というのは要注意です。
約12日〜25日、およそ2〜3週間程度の潜伏期があります。
その後発症するのですが症状が出る前にも人へと移してしまう可能性があります。
最も感染力が高いと言われている時期は症状が出る前後5日と言われています。
そのため発症する前にも人へとうつしてしまいますので学校などで流行してしまう原因となります。

 

【症状】
この病気の特徴はおたふくと言われているように両側、もしくは片側のほっぺが大きく腫れあがるのが特徴で腫れとともに痛みを伴います。
これは耳下腺が炎症を起こしているためです。
上述したように耳下腺は唾液を分泌する器官ですので唾液を分泌する際に痛みが増します。
そのため食事の際に痛みが増幅する傾向にあります。
他にも風邪と似た症状、発熱、頭痛、倦怠感、食欲不振、筋肉痛、悪寒、嘔吐などの症状も現れます。
ほっぺの腫れは2,3日でピークを迎え、その後徐々に引いていき1週間から10日ほどで治まっていきます。
発熱は高熱となる場合もあり、同様に2,3日でピークを迎えます。
ただしこの病気を発症した30%〜40%の人は不顕性感染(ふけんせいかんせん)と言われる症状が出ない人もいます。
これも流行する一つの原因になっていると考えられます。

スポンサーリンク

【1度発症すると2度と発症しない??】
答えは「YES」です。
1度発症すると生涯免疫を獲得し、ほとんどの場合は2度と発症することはありません。
ただし免疫力が低下している場合には発症する可能性がゼロではありません。
1度発症しているのに耳下腺が腫れてきた場合には反復性耳下腺炎、もしくは化膿性耳下腺炎を発症しているかもしれませんので病院を受診しましょう。

 

【治療方法】
現在、インフルエンザなどの病気とは違い、ムンプスウイルスに対する抗ウイルス剤というのはありません。
そのため対症療法がメインとなります。
対症療法とは発熱している場合には解熱鎮痛薬などといったように症状を軽減する治療法になります。
ウイルスには抗生物質も効果が期待できません。
腫れを冷やすことで痛みを緩和させる効果を期待できます。

 

【予防・対策】
手洗い、うがいを心がけましょう。
共用のタオルなどは使用せずに、その都度洗うようにしましょう。
予防接種を行うことも効果的です。
ムンプスウイルスの毒性を弱めたものを接種することによって身体に抗体が出来ます。
抗体が出来ることによっておたふく風邪を発症しにくくなります。

 

【大人が発症すると!?】
重症化しやすいです。
子供が発症した場合よりもひどくなることが多いですので注意が必要です。
男性の場合は睾丸炎、女性の場合は卵巣炎などの病気を併発してしまうこともありますのですぐに病院へ行くようにしましょう。
髄膜炎、脳炎、難聴なども合併症にも注意が必要です。
この3つは子供でも引き起こされる可能性があります。

 

【まとめ】
流行性耳下腺炎というのは人から人へうつる病気ですので発症している場合には外出は避けるようにしましょう。
耳下腺が腫れて痛みが出ている場合には食事を取ることも困難になることがありますので、唾液を出さずに食べられるお粥、ゼリー、ヨーグルトなどを食べましょう。
学校などでおたふく風邪が流行していると耳にした場合には注意して過ごしましょう。
詳しいことは他のページにも記述してありますので参考にしてください。

スポンサーリンク

おたふく風邪の治療や感染経路、潜伏期間などについて記事一覧

おたふく風邪というのはその症状がおたふくに似ていることから名前が付けられました。正式には流行性耳下腺炎と言います。その症状というのはほっぺが大きく腫れあがるというものです。これは正確には耳下腺と呼ばれる耳の下から顎のラインあたりに存在している唾液を分泌する器官です。おたふく風邪(流行性耳下腺炎)はどの時期に発症しやすいのでしょうか??初冬〜春先にかけての期間に流行していましたが、最近では異なります...

ほっぺの腫れや発熱、吐き気、頭痛などの症状が現れている場合には流行性耳下腺炎が疑われます。これは通称「おたふく風邪」と言い、主に子供が多く発症する病気です。特に流行性耳下腺炎の場合には、人から人へとうつる感染症ですので早めに検査を行うことは大切です。多くの場合は血液を採取して行います。ウイルスに感染している場合には身体の中に抗体ができます。その抗体を調べることによって行い、CF抗体(補体結合反応)...

おたふく風邪に感染した場合の代表的な症状は耳下腺の腫れ、痛み、発熱、頭痛、嘔吐などの症状が現れます。耳下腺というのは耳の下から顎のラインにかけての位置にありますのでほっぺが腫れているように見えます。その様子からこの名前が付けられましたが、正式には流行性耳下腺炎と言います。しかし上記のような症状が現れないこともありますので詳しくお話していきましょう。おたふく風邪ではない病気の可能性と、この病気に感染...

おたふく風邪は人から人へと感染する病気です。そのため子供が多く発症するこの病気では学校や園で流行することがあります。感染してしまった場合には耳下腺の腫れや痛み、発熱などの辛い症状に見舞われますので症状を緩和させたい心情だと思います。おたふく風邪は人から人へ感染する感染症で、潜伏期間にもうつることがありますので流行しやすいウイルスです。そのウイルスはムンプスウイルスです。このウイルスに感染するとおよ...

おたふく風邪というのは正式には流行性耳下腺炎と言い、ムンプスウイルスに感染することによって発症します。ムンプスウイルスは人にのみ感染するウイルスです。感染経路は人から人への飛沫感染、接触感染で、くしゃみや咳などが空気中に飛散したものを吸い込むことによって感染します。その症状は耳下腺(ほっぺのあたり)の腫れ、痛み、頭痛、発熱、嘔吐などの症状が現れます。多くの場合は子供が発症する病気ですが大人が発症す...

おたふく風邪というのは人から人へとうつる感染症です。そのため家族、友人など周りの人にもうつしてしまうことがあります。その経路は2種類あり、飛沫感染と接触感染です。飛沫(ひまつ)というのは会話している際の唾液、咳、くしゃみなどから空気中へ飛散したウイルスを身体の中に入れてしまうとうつります。接触(せっしょく)というのは共用のものを使用することによってうつります。これはタオル、衣類などの家の中の物や、...

おたふく風邪に感染してしまうと発熱、ほっぺの腫れ、痛み、頭痛、吐き気、寒気などの症状に見舞われます。子供が多く感染する病気のため、親としては症状を緩和させてあげたいと思うのではないでしょうか。その症状を緩和する方法についてお話していきましょう。この病気の治療法は対症療法となります。おたふく風邪の原因となっているムンプスウイルスに対しての有効な薬は現在開発されておりません。そのため症状を緩和させる薬...

おたふく風邪というのはムンプスウイルスが身体の中に入ることによって発症します。また、人から人へとうつる感染症です。そのため感染してしまった人は人へと移させないように注意しなければなりません。しかし、この病気は発症して症状が出る前にも感染力がありますので流行しやすい病気となっています。主に感染する年齢は3歳〜10歳の子供に多く見られます。1歳前後の乳幼児の感染は少なくなっており、母親からもらった免疫...

おたふく風邪に感染したとしても潜伏期間が長いです。およそ1週間〜2週間、長い人だと3週間を経て発症する人もいます。発症する前後5日ほどが感染力が最も強いと言われていますので注意が必要な時期となります。しかし発症して症状が出ていなければ感染していたことがわかりませんので学校などで流行させる原因の一つと考えられます。そのため、予防注射を行っておくことは大切です。予防注射を受けることによって身体の中に抗...

おたふく風邪の正式名称は流行性耳下腺炎と言い、人から人へとうつる感染症です。耳下腺炎には3つの種類があり、人へと感染するのは流行性耳下腺炎のみとなります。子供が発症することが多い病気です。しかし一度感染すると身体の中に抗体が出来ますので生涯免疫を獲得します。ただし2度と発症することはないと言われていますが免疫力が低下していると感染することがあります。子供が発症した場合には耳下腺の腫れと風邪に似た症...

おたふく風邪に感染した場合にはさまざまな症状が起こります。主な症状は耳下腺の腫れと痛み、そのほかにも風邪と似た症状、発熱、頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐などが現れますのでとても辛い症状となります。およそ1週間〜2週間で完治へと向かいます。おたふく風邪に感染した場合にはプールや水泳教室などに行っても大丈夫なのでしょうか??多くの場合は子供が発症しますのでプールに通わせている人は多いのではないでしょうか。こ...

おたふく風邪は多くの場合は子供が感染する病気です。3歳〜6歳ほどの年齢で多く感染するもので、子供だけではなく大人も感染することがあります。おたふく風邪は一度感染していると2度目の発症は起こらないと言われています。これは一度発症したときにからの中に抗体が出来るため、生涯免疫ができます。ただし子供のころに感染していない場合には成人してから感染することがあります。その症状は耳下腺の腫れ、痛み、発熱や頭痛...

おたふく風邪というのは正式には「流行性耳下腺炎」と言います。耳下腺炎と言うのは3種類あり、流行性のほかに反復性耳下腺炎、化膿性耳下腺炎の3種類です。おたふく風邪を発症した場合には病院は何科に行けば良いのでしょうか??どの耳下腺炎でも行く科というのは違いはありません。おたふく風邪の多くは子供が発症する病気ですので「小児科」へ行きましょう。大人の場合には耳鼻咽喉科、もしくは内科で大丈夫です。流行性の場...

おたふく風邪を発症する原因はムンプスウイルスというウイルスに感染することによって発症します。そしてこの病気は人から人へと感染する感染症です。多くの場合は子供が発症する病気で数年に1回爆発的に流行する時期があります。昔は冬から春先にかけて流行することが多かった病気ですが現在では一年中みられる傾向にあります。特に都心部の人口が多い地域ではこの傾向が大きく見られます。おたふく風邪は重症化してしまうと髄膜...

おたふく風邪とはムンプスウイルスが原因となって起こるもので耳下腺が炎症を起こします。耳下腺というのは耳の下から顎にかけてのラインにあります。そのため両側、もしくは片側のほっぺが腫れる様子がおたふくに似ていることから、こう呼ばれるようになりました。他にも発熱や頭痛、悪寒、倦怠感などの風邪に似た症状も起こります。耳下腺の腫れや痛みというのは特徴的なものとなっています。おたふく風邪の痛みの緩和方法「まず...

おたふく風邪はムンプスウイルスが原因となって起こる感染症です。初期は耳の下あたりの腫れ、痛みから始まり、発熱、頭痛、吐き気などが現れます。耳の下の腫れ以外は風邪の症状に似ていると言われています。耳の下の腫れというのは耳下腺の腫れのことで炎症を起こしています。この病気の正式名称は流行性耳下腺炎と言います。流行性耳下腺炎の主な症状としては耳下腺の腫れというのが特徴です。多くの場合は子供が発症し一度発症...

子供が発症する病気の一つに流行性耳下腺炎と呼ばれるものがあります。耳にしない言葉だと思いますが通称「おたふく風邪」と言われているもので、こちらのほうが聞きなれていると思います。自分が子供のころにかかったことがあるという人も多いのではないでしょうか。3歳〜10歳ほどの子供が発症すると言われ、特に3歳〜6歳までに多く見られます。この病気は人から人へとうつる感染症ですので学校や園でもらってくるということ...

おたふく風邪は子供が多く感染する病気です。しかし大人も発症する可能性はゼロではありません。おたふく風邪というのはムンプスウイルスに感染することによって発症する感染症です。主な症状は耳下腺(耳の下あたり)の腫れや痛み、他にも風邪に似た発熱、咳、頭痛、倦怠感などが現れます。発熱も38度を超える高熱になることもありますので合併症にも注意が必要です。主な合併症は髄膜炎、難聴などがあります。特におたふく風邪...

おたふく風邪は人から人へとうつる感染症で、ムンプスウイルスというウイルスに感染することによって発症します。潜伏期間は長く約2週間から3週間ほどの期間を経て発症し、症状が出る前から人へとうつる可能性がある病気です。そのため感染が広がる原因の一つとなっています。他にも感染者の会話中の唾液、咳やくしゃみなどの飛沫感染(しぶきかんせん)、感染している人の触れたものを触ってウイルスがうつり体内へ入ることによ...

おたふく風邪とは流行性耳下腺炎と正式には言われる感染症です。耳下腺炎には反復性耳下腺炎、化膿性耳下腺炎と他の種類もありますが人から人へと感染するのは流行性耳下腺炎のみです。特に子供が発症する病気で、感染力が強いため学校や園などで流行しやすい病気です。その理由は潜伏期間が長く症状が出る前にも感染することがあるため、流行しやすい原因となります。その前兆というのはどのようなものがあるのでしょうか??これ...

おたふく風邪を発症すると耳の下の腫れ、発熱、頭痛、倦怠感などの症状が起こります。特に耳下腺の腫れというのは特徴的でほっぺが大きく腫れます。また耳下腺は唾液を分泌する場所ですので食事の際に痛みが増幅することが多いです。これらの症状が起こり始めたらおたふくを疑いましょう。その検査方法は血液検査において行われます。体の中に抗体が出来ているかを検査することで感染しているかを診断します。この病気はムンプスウ...

おたふく風邪の感染経路は飛沫感染(ひまつかんせん)、直接感染(ちょくせつかんせん)で人から人へとうつります。多くの場合は子供のころに発症し、生涯免疫ができますので多くの場合は2度と発症することはありません。しかし子供のころに感染していない場合には大人になってから発症することがあります。その場合には症状がひどくなったり合併症の危険性も高まりますので予防接種を受けておくことは大切です。予防接種を受ける...

おたふく風邪は子供のころに多く発症する病気です。その症状は耳下腺の腫れ、痛み、頭痛や発熱、悪寒、倦怠感などの症状が現れます。これらの症状は予防接種を受けることによって症状が軽くなる期待ができます。しかし大人になって発症してしまった場合には症状がひどくなったり、重症化して合併症を引き起こす危険性もあります。合併症や後遺症についてお話していきましょう。「無菌性髄膜炎」最も多い合併症は無菌性髄膜炎です。...

おたふく風邪に感染するとさまざまな症状に見舞われます。耳下腺の腫れなどの症状を緩和させる方法についてお話していきましょう。おたふく風邪の治療方法は対症療法となることがほとんどです。対症療法というのは症状を和らげるための治療方法で根本的な原因に対しての治療ではありません。おたふく風邪の場合はムンプスウイルスが原因となって発症します。このウイルスに対する抗ウイルス剤というのは現在はありません。そのため...

おたふく風邪は人へとうつる病気です。感染する時期は冬から春にかけて流行することが多かったですが現在では一年を通して流行することがあります。特に子供が発症することが多く、学校や園で集団感染することもあります。感染を予防するには予防接種を受けることも大切です。接種を受けることによって抗体が身体に出来ます。これはおたふく風邪の原因であるムンプスウイルスを弱めたものを身体に入れることによって抗体を作るとい...

おたふく風邪とは流行性耳下腺炎と言い、ウイルスによる感染症です。そのため人へと移ることがあります。ムンプスウイルスと言われるウイルスに感染することによって起こり、代表的な症状はほっぺの腫れです。ほっぺの腫れは耳下腺が炎症を起こすことによって腫れ、痛みも出ます。腫れるのは両側であったり、片側であることもあります。他にも発熱や頭痛、吐き気、悪寒、倦怠感などの症状が引き起こされます。この病気を発症してし...

おたふく風邪には子供だけでなく大人が発症することもあります。その場合には症状が強く出ることもあり、重症化してしまうことが多いですので注意が必要です。発熱が40度以上になってしまったり、腫れの痛みも強くなることがあります。子供に比べると症状が辛いことがほとんどです。1回発症すると2回目の発症はほとんどありません。1度発症することによって身体の中に抗体が出来るため2度目の発症はないと言われています。し...

耳下腺というのは唾液を分泌する器官です。この部位がムンプスウイルスに感染することによって流行性耳下腺(おたふく風邪)を発症します。耳下腺というのは耳の下にあり、耳の下が大きく腫れるのが特徴です。この病気は感染症ですので人から人へとうつります。その感染経路についてお話していきましょう。主な感染経路は2つあります。飛沫感染→咳、くしゃみ、会話中の唾液などによって空気中にウイルスが飛散します。それを吸い...

流行性耳下腺炎というのは人から人へと感染する病気です。主に子どもが感染しますが大人が発症する場合もあります。これは子どものころに感染していなければ体の中に抗体がないため感染します。しかし免疫力が落ちていたり、予防接種などの抗体の効果が薄れている場合にも発症すると言われています。(ただしそこまで多くはありません)大人が感染した場合には出勤はいつから大丈夫なのでしょうか??基本的には流行性耳下腺炎(お...

流行性耳下腺炎というのは通称おたふく風邪と言われています。ムンプスウイルスに感染することによって発症し、人から人へと移ります。他の種類の耳下腺炎と違いというのはあるのでしょうか??耳下腺炎には3種類存在し、流行性耳下腺炎はその中の一つになります。流行性耳下腺炎の他には反復性、化膿性があります。それを総称したものを「耳下腺炎」と言います。耳下腺というのは唾液を分泌する器官になります。この耳下腺にウイ...

流行性耳下腺炎はムンプスウイルスに感染することによって発症する感染症です。通称おたふく風邪と呼ばれています。発症するとほっぺたが大きく腫れますのでおたふくに似ていることからこのように呼ばれるようになりました。流行性耳下腺炎の初期症状についてお話していきましょう。主に子供が発症する病気ですので、親としては感染したのでは?と気になるところだと思います。上述したように人から人へとうつる病気ですので主な感...

耳下腺炎というのは通称おたふく風邪のことです。おたふく風邪と聞くと誰でも聞き覚えがあると思います。これはムンプスウイルスに感染することによって耳下腺が炎症を起こす病気です。主に子どもが感染することが多く、子どものころに発症したことがない場合には成人になってから感染することもあります。その場合には重症になってしまうと言われています。この場合には再発することはあるのでしょうか??基本的に流行性耳下腺炎...