耳下腺炎 治療 抗生物質 種類 関係

耳下腺炎の治療に抗生物質!?種類が関係しています!

スポンサーリンク

耳下腺炎の治療方法というのは、その種類によっても異なります。
そのため服用する薬も違いますので、治療方法についてお話していきましょう。
その種類というのは3つあり、流行性、反復性、化膿性耳下腺炎の3種類です。

 

これらの原因というのはすべて異なります。
流行性(おたふく風邪)の場合にはムンプスウイルス
反復性の原因というのは現在では詳しく解明されていませんがストレスや疲労、アレルギー、先天性異常などと言われています。
化膿性耳下腺炎の場合には細菌が原因となって起こります。
抗生物質というのは細菌を殺菌する目的で使用することがほとんどです。
ただし細菌による感染が疑われる場合には使用することがあります。

 

主に使用するのは化膿性耳下腺炎の場合に細菌が原因となりますので使用します。
しかし他のムンプスウイルスが原因となるおたふく風邪、反復性の場合には使用することがほとんどありません。
反復性の場合には細菌が原因となっていることを疑い使用する場合があります。

スポンサーリンク

それ以外にはほとんど使用することはありません。
反復性は原因不明ですので治療方法というのは対症療法になります。
おたふく風邪の場合にはムンプスウイルスが原因となりますが、このウイルスに対する抗ウイルス剤というのは現在はありません。
そのため、こちらも対症療法になります。

 

対症療法というのは症状に合わせた治療方法になります。
熱には解熱剤、咳には咳止めなどのように症状を緩和させる目的で服用します。
このように抗生物質を使用するということは多くはありません。

 

耳下腺炎の種類の中でもおたふく風邪と反復性が占める割合というのはほとんどです。
ただし化膿性の場合には細菌を殺菌しなければ症状が良くなることは少ないと言われています。
そのため抗生物質を使用して行います。

 

おたふく風邪は子どもの頃に感染していれば大人になってから発症することが少ないですが免疫力が低下していると感染する可能性はゼロではありません。
どの病気にも言えることですが免疫力が下がらないように日ごろから規則的で健康な生活を心がけて過ごしましょう。

スポンサーリンク