シェーグレン症候群の原因として見過ごせぬストレス

シェーグレン症候群の原因として見過ごせぬストレス

スポンサーリンク

 

絶対的な認識度こそ高くありませんが、昨今症例の増加傾向が見られる身体及び精神上のトラブルの1つがシェーグレン症候群です。
その原因として、日常生活上のストレスの蓄積が注視されています。

 

 

【シェーグレン症候群の症状】

 

涙腺や唾液が正常に機能せず分泌障害を起こすシェーグレン症候群は、日常生活に大きな悪影響が否めぬ身体のトラブルです。
具体的には目鼻口に顕著な悪しき症状が見られ、ドライアイ、目やにががベタつく、鼻腔内が乾燥して鼻血やかさぶたが絶えないなど、著しく集中力を欠いてしまう諸症状が見られます。
また唾液の分泌に異常が生じた結果の味覚霜害、口腔内の渇きなどから、唾液そのものが出なくなり、食事を採る行為自体にも支障が避けられません。

 

 

【原因とストレス】

 

シェーグレン症候群発症の原因としては、遺伝であるとの説や、身体上の免疫面での異常なども原因に挙げられ、現在も医学的検証が続けられています。
但し現時点では未解明の部分も多く、一方でストレスが大きく関係しているとの仮説が説得力を有しています。
また膠原病との合併症も確認されており、その兆候が確認された際には十分な注意が欠かせません。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスを原因と見据えた対処を】

 

シェーグレン症候群の兆候が確認された際には、迅速な初期対応として、まずは医師の診察を仰ぐと同時に、自身で可能な方法での対処法の実践が求められます。
ストレスがその原因に見過ごせぬシェーグレン症候群の症状緩和として、規則正しい生活を心掛ける、ストレスを上手に発散するなど、基本的なライフスタイルの見直しからの実践が大切です。
不規則な睡眠時間や食生活、イライラや悩みを抱え続ける毎日などが心身に及ぼす負担が、結果限界点を超えて現れる症状の1つがこの症状だと捉えてください。

 

 

【医学的治療について】

 

眼の渇きに対しては点眼薬、口腔内の乾燥には潤滑剤、また間接の痛みなどが生じた場合などは、必ず専門医の診断を仰いだ上での薬の使用が視野に入ります。
軽度の症状の場合はまずは経過観察となるケースもありますが、改善への焦りから素人判断で市販薬の乱用に及んではなりません。

 

 

目鼻口の分泌障害からドライアイ、鼻腔内の渇き、味覚障害など、日常生活に大きな不具合が避けられぬシェーグレン症候群の原因としてストレスが見過ごせません。
該当する症状の兆候が見られた場合には速やかに医師の診察を受け、経過観察もしくは諸症状への適切な治療処置プラス、ライフスタイルの見直しからのストレス発散が見過ごせません。

 

スポンサーリンク