シェーグレン症候群は病院の何科での受診すべきか

シェーグレン症候群は病院の何科での受診すべきか

スポンサーリンク

 

シェーグレン症候群の疑いが避けられぬ場合、速やかに然るべき専門医の診察を受け、適切な初期対応を施す必要が見過ごせません。
病院の何科を最初に受診すべきなのか、正しい基礎知識の確認作業が求められます。

 

 

【シェーグレン症候群の症状の特徴を知る】

 

近年この名称こそ耳にするシェーグレン症候群ですが、具体的にどのような症状が見られるかとなれば、まだまだ周知に至っているとは言えません。
目や鼻や口の分泌以上からの渇きや、それに伴う嗅覚味覚障害などの二次的トラブルが伴い、日常生活上大きな支障が否めぬ身体上の不具合で、具体的な原因やメカニズムの医学的検証が現在も続けられている症状です。

 

 

【何科に行くべきか迷った際には】

 

目鼻口と複数の部位に同時にトラブルが生じるシェーグレン症候群のため、俄に病院の何科で最初に受診すべきか、判断に窮してしまっても不自然ではありません。
目の渇きや目やにのべたつきなど視覚面に大きな不具合があれば眼科へ、鼻の渇きやかさぶた、嗅覚障害に関しては耳鼻科、もしくはかかりつけの主治医がおられるのであれば、内科での相談から治療をスタートさせても間違いではありません。
検査の結果、次に病院の別の何科を訪れるべきか、もしくは大病院を紹介されるなど、次に為すべき対処の指示が伝えられますので、それらに従ってください。

 

スポンサーリンク

 

【合併症の有無の確認には内科受診を】

 

シェーグレン症候群には膠原病などの合併所のリスクが見過ごせません。
眼科や耳鼻科などの受診からその可能性が高まった場合には、内科を受診から他の病気の発症もしくは潜伏の可能性を確実にチェックしてください。
具体的に病院の何科を次に受診すべきか、診察からの面談時に担当医から告げられなかった場合は、積極的に自ら病院の何科を訪れるべきかを確認する姿勢で臨んでください。

 

 

【膠原病科やリウマチ科の受診も視野に】

 

自覚症状だけでシェーグレン症候群と確信している、もしくは症状の1つである関節の痛みなどの自覚症状を伴っている場合には、膠原病科やリウマチ科での受診も視野に入ります。
但し医師の紹介状が必要な場合も見られ、初診に際しては事前に確認を取った上で足を運んでください。
また目や鼻腔内などが粋からの刺激を直接受ける部位が、健康時と比較して繊細かつ不安定な状態となっています。
通院道中を含めた日常生活に於ける、エアコンの風や煙草の煙などの刺激を極力シャットアウトする対応も大切です。

 

 

シェーグレン症候群の疑いに対し、病院の何科をに行くべきか際には、眼科、耳鼻科、内科を訪れ、必要に応じて他の科に紹介状を書いてもらう流れが確実です。
症状次第では膠原病科やリウマチ科での受診をすすめられる場合も見られます。

 

スポンサーリンク