シェーグレン症候群が疑われる初期症状について

シェーグレン症候群が疑われる初期症状について

スポンサーリンク

 

近年俄に発症例の増加傾向が確認されているシェーグレン症候群には、その兆候と言える幾つかの特徴的な初期症状が見られます。
予備知識として踏まえておく事で、早期の適切な初期対応を施し、症状悪化を防ぐ姿勢が望まれます。

 

 

【シェーグレン症候群のシグナル】

 

目鼻口の分泌障害が.顕著に症状ととして現れるシェーグレン症候群には、発症が疑われる初期症状を見過ごさず、確実に察知から迅速に専門医の診察を受ける対処を通じ、悪化を未然に防ぐ対処が大切です。
正しい基礎知識を踏まえた上で、自身に該当する否かを冷静に判断してください。

 

 

【目に現れる典型的なトラブル】

 

シェーグレン症候群は涙腺が正常に機能せず、ドライアイの症状が顕著に見られます。
眼球の表面が不自然に乾いてしまい、無意識に目薬を点眼する回数が増えてしまっているなどは要注意のシグナルです。
また目にゴミが入ったり逆睫毛となったにも関わらず、反射的に涙が上手く出ないなども、シェーグレン症候群の初期症状の可能性が否定出来ません。

 

スポンサーリンク

 

【鼻と口に見られるトラブル】

 

分泌異常は鼻腔内や口腔内にも複数のトラブルを生じさせます。
鼻の内部が常に乾いてしまい、結果弾力を失った鼻の粘膜が切れて鼻血が出やすくなり、常にかさぶたが苦になる状態が続くなどは要注意です。
また唾液がスムーズに分泌されず、味覚障害から食べ物や飲み物をスムーズに喉の奥に送り込めず、飲食という行為自体に支障を感じ始めた際も、シェーグレン症候群の初期症状の疑いが見過ごせません。

 

 

【関節痛とメンタル面のトラブル】

 

医学的に未解明の部分も多いシェーグレン症候群ですが、膠原病などとの合併症が確認されるなど、分泌障害以外の心身のトラブルが初期症状の可能性も否定出来ません。
リウマチに共通する関節痛が続く、ストレスから来るメンタル面の不安定感なども、シェーグレン症候群の可能性を示唆するシグナルと考えられます。

 

 

シェーグレン症候群が疑われる初期症状は、目鼻口の渇きに因るドライアイや味覚食事障害などの他にも、リウマチに共通する関節痛やストレスに起因するメンタル面の不安定など、複数の兆候が該当します。
疑わしき際には速やかに医師の診察を受け、適切な初期対応を実践してください。

 

スポンサーリンク