耳下腺炎 痛み止め

耳下腺炎の気になる痛み、痛み止めの方法とは??

スポンサーリンク

おたふくかぜなどの耳下腺炎ですがほっぺが腫れて痛いですよね。

 

そんな耳下腺炎の痛み止めの方法についてお話していきたいと思います。

 

痛みのその原因ですが耳下腺と言われる唾液を分泌する部分が炎症を起こして腫れますので、痛みが現れます。

 

その痛みを和らげる方法として冷やすことが挙げられます。
冷湿布などで直接患部を冷やすことによって一時的に痛みが和らぎます。

 

氷を袋などに入れてそれをタオルで包んで腫れている部分を冷やすと効果があります。
氷がごつごつして痛い場合は氷を砕くのもいいでしょうし、保冷剤や冷却シートを使うのもオススメです。
これにより一時的な麻酔効果にもなり、食事の際の痛みも緩和されることがあります。

 

唾液を分泌する部位の炎症になりますので、食事の際に痛みが増す傾向にあります。

 

痛み止めというわけではないのですが、食事の際の痛みを緩和する方法として、水分の多いお粥などを食べたり、咀嚼回数の少なくて済むようなもの、酸っぱいものや辛いもののような刺激があるものは避けて食べると痛みが少なくて済みます。

スポンサーリンク

あとは病院で解熱鎮痛剤をもらうのも一つの手ですね。
痛み止めの効果もあり、熱が出ている場合には下げてくれる効果もある薬もありますので病院へ行き医師に相談してみましょう。

 

また、おたふくかぜは予防接種を受けておくのも非常に効果的です。
予防接種を受けておくことによって症状も軽くなり、場合によっては不顕性感染といって症状の出ない感染ということもありますので大人の方も、おたふく風邪を発症したことがないという方は予防接種もオススメです。

 

大人になってからのおたふく風邪は重症化することもありますので注意が必要です。
耳下腺炎には特効薬がありませんので自分の治癒力に頼る部分が大きいと思います。

 

上記の方法はあくまで一例ですので、効果的な痛み止め方法を探して自分に合ったやり方をするようにしましょう。
しかしあまりにも痛みがひどい場合には我慢せず病院へすぐに行くようにしましょう。

スポンサーリンク