シェーグレン症候群の代表的な症状の口内炎の治療方法について

シェーグレン症候群の代表的な症状の口内炎の治療方法について

スポンサーリンク

 

複数の典型的な症状が見られるシェーグレン症候群ですが、中でも口内炎は顕著な症状であり、適切な治療が欠かせません。
二次的に更なる体調悪化を招かぬ上でも、迅速かつ正しい対処が不可欠です。

 

 

【口内炎が治らないシグナル】

 

ストレスが原因に関係すると考えられるシェーグレン症候群は、唾液の分泌異常に伴い、口腔内に複数のトラブルが見られる特徴を有しています。
味覚が鈍る、唾液の分泌が不十分なため、食べた物を飲み込むのが難しくなり。
常に乾いた状態が続くなど日常生活に支障を来す症状が避けられません。
これは免疫細胞が唾液腺を破壊してしまうのが原因で、結果口内炎など口腔内のトラブルの発生率が跳ね上がるのみならず、自然治癒出来ないのも特徴です。

 

 

【唾液腺の腫れと口内炎】

 

唾液腺が破壊される家庭においては、晴れや痛みを伴う売位も見られ、更に唾液の分泌量が足りないため、口腔内の皮膚が例えば堅い食物で傷ついただけで、そこから口内炎へと悪鬼してしまうなど、口腔内が非常に脆弱な状態となってしまいます。
こうした諸症状が見られた場合には、シェーグレン症候群の疑いを生成に受け止め、医師の診察から治療を受ける初期対処が望まれます。

 

スポンサーリンク

 

【病院の何科で治療すべきか】

 

口内炎のような口腔内のトラブルが中長期化した場合には、耳鼻咽喉科での治療が思い浮かびますが、その原因がシェーグレン症候群の場合、こちらの抜本的な治療も視野に入れねばなりませんかかりつけの内科の主治医がおられる場合には、まずはそちらでの診療からシェーグレン症候群の可能性の有無を正しく見極め、検査からの治療が必要な他の科への紹介状を準備してもらう対応も視野に入ります・

 

【口内炎その他の症状が顕著な場合】

 

シェーグレン症候群の特徴として、甲状腺の異常や筋肉痛や関節痛など、他の病気と思われる症状が現れるケースも珍しくありません。
膠原病科やリウマチ科、あるいはストレスに因るメンタル面の問題が見られる場合には心療内科や精神科なども、口内炎の根本的な再発防止に受診が必要となるケースも想定されます。

 

 

口内炎の治療には耳鼻咽喉科の受診が思い浮かびますが、シェーグレン症候群に起因する症状の場合、他の諸症状を正しく見極めた上で、他の科での治療が必要と判断されるケースも少なくありません。
具体的には内科、膠原病科、リウマチ科などでの治療が視野に入ります。

 

スポンサーリンク