シェーグレン症候群の血液検査の方法に関して

シェーグレン症候群の血液検査の方法に関して

スポンサーリンク

 

シェーグレン症候群に顕著に見られる症状こそ明確に見られずとも、そうである可能性を即否定する事は出来ません。
疑わしき際に用いる血液検査という方法が、病名特定からの適切な処置に繋がります。

 

 

【全身に症状が見られるシェーグレン症候群】

 

分泌異常に起因して発症するドライアイ、鼻腔や口腔内の渇き、その他全身の関節痛や筋肉痛など、風邪やインフルエンザの症状と捉え違えてしまう可能性が否めないのも、シェーグレン症候群の要注意点です。
医学的に未解明の部分も多い身体上のトラブルですが、複数の部位に症状が見られるため、まずは各々の治療先に該当する科を訪れるところからの治癒が一般的です。
但しこの時点で冷静にシェーグレン症候群の疑いを自覚されているのであれば、血液検査が受けられるリウマチ科や膠原病科での受診をおすすめします。

 

 

【血液検査の重要性】

 

シェーグレン症候群はk自己免疫の疾患の一種であり、血液内に自己抗体と呼ばれる物質が発生します。
血液検査を通じて自己抗体の有無とその種類を確認から、他の諸症状を合わせてのけんs要する方法が見過ごせません。

 

スポンサーリンク

 

【各科毎に異なる検査方法】

 

血液検査以外にも、各科で実践される方法は各々異なり、身体の各部位に生じた症状に合わせた方法が用いられています。
ちなみに眼科では涙をチェックするメルマーテスト、角膜や結膜の傷を調べる蛍光色素試験、更には涙腺のリンパ球を調べる涙腺検などが挙げられます。
その他口腔検査では唾液を調べるガムテストやレントゲンが、膠原病科やリウマチ科でも各々独自の方法が実施されています。

 

 

【診断基準に基づく最終判断】

 

シェーグレン症候群か否かの最終診断に際しては、診断基準に得られた検査結果を照合から判断が下されます。
ちなみにこの基準は旧厚生労働省が定めたものと、アメリカのリウマチ学会が定めたものの2種類が存在しており、その選択に際しては各医療機関に委ねられています。

 

 

自己免疫疾患であるシェーグレン症候群を発症した場合、血中に自己抗体が生じるため、血液検査でその有無と種類を確認からの診断が欠かせません。
その他全身の各部位に生じたトラブルに対し、各科毎に各々独自の方法が導入実践されています。

 

スポンサーリンク