悪性の耳下腺腫瘍ができたときの生存率はどれぐらいか

悪性の耳下腺腫瘍ができたときの生存率はどれぐらいか

スポンサーリンク

 

悪性の耳下腺腫瘍は、耳下腺がんのことを指します。
そのため、生存率がとても気になるでしょうが、生存率はあくまで平均的な数値であり、発症しても的確な治療を行えば、その分生存率は当然上がってきます。

 

 

【生存率を上げるためには早期の治療が大切】

 

どのような病気でも早期発見が大切になるのは一緒です。
もちろん耳下腺腫瘍も早期発見が生存率を高めることに繋がってきます。
悪性であることが早めにわかれば、基本的には切除手術という方法になるでしょう。
ここで重要なことは、信頼できて技術力や知識の高い医師が在籍している病院へ行くことです。
最近は治療ミスや医療費を重要視するような病院が多いので、あまり病院へ行きたがらない人もいます。

 

 

しかし、耳下腺腫瘍の悪性はがんなので、放置しておけば当然生存率を下げる結果になるでしょう。
万が一のときを考えて、まだ健康なうちからよい病院を探しておくという方法がオススメできます。
現在はインターネットで簡単に情報収集ができる時代なので、病院の評判なども調べやすいと言えるでしょう。
基本的に悪性の耳下腺腫瘍の治療が適切にできれば、他のがんでも適切な治療ができる可能性が高くなっています。

 

スポンサーリンク

 

【耳下腺腫瘍にも程度が存在している】

 

悪性の耳下腺腫瘍にも、かなり高い悪性の場合もあれば、それほど高くない悪性の場合もあります。
程度によって生存率も変わってくるので、耳下腺腫瘍になったら生存率が何パーセントと明記することは難しいでしょう。
放置しておけばどんどん症状が悪化してくるので、そうなれば死亡する確率が高くなるでしょう。
低い程度の悪性であれば、生存率は90パーセント前後あるのに対して、高い程度になってしまうと、30パーセントから40パーセント前後まで下がります。

 

 

がんの程度はステージで明記されていますが、やはり耳下腺腫瘍も早期発見がとても重要になるのです。
また、普段の予防も大切になるでしょう。
しかし、多くの病院はがんになってからの対策はきちんと伝えるものの、がん予防の対策を呼びかけることはあまりしません。
そのため、自分で情報収集をして対策を立てるようになるでしょう。
中には間違った情報もあるので、正しい情報であることを確かめることも重要です。

 

 

耳下腺腫瘍はあまりよく知られていませんが、悪性の場合には手術が必要になります。
そのため、普段から注意しておくことや、どのような症状が出るのかなども知っておきましょう。
早めに正しい対策を行うことができれば、それほど恐れることはありません。

 

スポンサーリンク