耳下腺腫瘍の症状と痛みの強さ

耳下腺腫瘍の症状と痛みの強さ

スポンサーリンク

 

腫瘍の種類によっては初期症状がない場合も多いですし、悪化してから痛みが出てくる場合もあります。
では、耳下腺腫瘍の場合はどうなのかということも知っておく必要があるでしょう。
正しい知識を身につけて、きちんと治療することが重要です。

 

 

【耳下腺腫瘍はどのような症状が出るのか】

 

耳下腺腫瘍のことを知るために最初に行うべきことは、やはりどのような症状が出るのかという点でしょう。
これがわかっていれば、初期の段階で治療が行えるので、大事にならずに済む確率が大幅に上がります。
耳下腺腫瘍の症状は、しこりや腫れが一般的です。
痛みを伴うことが少ないのも特徴なので、気が付かない場合もあるでしょう。
場所は耳の下あたりになり、おたふくかぜになると腫れてしまう部分と殆ど一緒です。

 

 

この部分にしこりや腫れがあったら、その他の症状が出ていなくても耳下腺腫瘍の可能性があるので、信頼できる病院へ行って検査をしてもらいましょう。
特に悪性の耳下腺腫瘍はがんなので、早期発見が大切になります。
きちんとした病院で検査を行わないと、症状が出ても気がついてもらえないことがあるので、病院選びも大切になります。

 

スポンサーリンク

 

【初期の頃は痛みが出にくい】

 

がんの特徴としては、初期の頃には痛みが出ないので、早期発見が難しくなるのが特徴です。
症状が出ない場合も多いのですが、耳下腺腫瘍の場合には、症状を知っていれば発見しやすいものの、痛みが出ない場合が多くなっています。
悪化してくると腫れている部分が大きくなり、痛みを伴ってくるので気が付きやすくなるでしょう。
しかし、痛みが出てきた場合には、かなり症状が悪化しているので、痛みはなくても定期的な健診をしておくべきです。

 

 

自分でもある程度はわかるので、ときどき触れてみることが大切です。
痛みの種類も2種類存在しており、圧痛の場合もあれば、自発痛の場合もあります。
もちろん痛くなってきたから悪性の耳下腺腫瘍だとは限りませんが、その可能性も高いと言えるでしょう。
やはりどのような病気であっても、早期発見とよい病院で診察をしてもらうことが大切なのです。

 

 

病気はただ病院へ行って診てもらうだけではなく、自分でもある程度知識を持つことが重要です。
そうすれば予防もできるようになりますし、早期発見もできるようになるでしょう。
もちろん耳下腺腫瘍の場合でも一緒です。

 

スポンサーリンク