耳下腺腫瘍の再発の確率は?

耳下腺腫瘍の再発の確率は?

スポンサーリンク

 

唾液を作る役割を持つ耳下腺ですが、その部分に腫瘍が出来てしまう病気を耳下腺腫瘍といいます。
手術で治療することは可能ですが、再び再発してしまう確率はどれぐらいあるのでしょうか?

 

【良性腫瘍と悪性腫瘍がある】

耳下腺腫瘍には良性の物と悪性の物があり、悪性腫瘍はガンと呼ばれる病気になります。
どちらの耳下腺腫瘍でも一度の手術で全て取りきってしまえば、耳下腺腫瘍の再発の確率は格段に下がりますが、もし万が一腫瘍の取り残しがあると再発の確率は格段に上がってしまいます。
自分達ではどうすることも出来ない事態ですので、担当医にお任せすることしか出来ませんが、もし手術をしなければいけないのであれば、実績のある先生にお願いをすることが非常に重要です。

 

スポンサーリンク

 

【良性腫瘍でも悪性腫瘍に変化してしまうことも多くある】

耳下腺腫瘍の手術を行い、取り残しが少しでもあった場合には、例え腫瘍が良性の場合でも、悪性腫瘍になって再発してしまう確率が高くなってしまいます。
耳下腺腫瘍の手術失敗でのリスク非常に大きく、再手術になってしまった場合には、最初よりも難易度が高くなってしまい、ベテランの医師ですら苦戦してしまうと言われています。
再発の確率は人により異なりますが、手術失敗での再発の確率は非常に高くなっており、病院側のミスですが、非常に辛い思いをしなければなりません。
その為、耳下腺腫瘍が発生する前に定期的な検診を受け、自身の体の状態をしっかりと把握して、もし病気になってしまった場合には、出来るだけ実績の高い病院に行くことが非常に大切な事になり、再発の確率を下げることになります。

 

 

耳下腺腫瘍を未然に防ぐ事は難しい事であり、定期的に検診を受けていてもどうしても発生してしまうケースもあります。
しかし、耳下腺腫瘍になってしまった場合でも実績のある病院を探し、正しい治療を受けることにより病気が完治するケースも多くあり、再発の確率を下げることが可能です。

 

スポンサーリンク