耳下腺炎 抗生物質 効かない

耳下腺炎で抗生物質は効かないってホント??

スポンサーリンク

耳下腺炎は抗生物質が効かないってホント?といった質問にお答えしていきたいと思います。

 

早めに答えを言ってしまいますがそれは本当です。

 

まず耳下腺炎には種類があり、代表的な流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、反復性耳下腺炎、化膿性耳下腺炎があります。
ひとつひとつ見ていきましょう。

 

抗生物質というのはウイルスには効果がなく、細菌に対して効果があります。

 

おたふくかぜの原因はムンプスウイルスというウイルスに感染することによって発症します。

 

そのため、ムンプスウイルスに対して効果が得られるのは抗ウイルス薬ということになりますので、抗生物質は使用しません。

 

使用してしまうと腸内の常駐するすべての細菌に対して殺菌作用が働いてしまい、殺菌しなくていいものも殺菌してしまいます。
抗ウイルス薬が開発されれば、ウイルスだけを見極め攻撃してくれるのですが現在はコストや技術の面から開発は難しいそうです。

 

おたふくかぜは咳やくしゃみなどの飛沫(しぶき)から飛沫感染、ウイルスの付いたものを触れるなどの接触感染があり、一人がなると周りに広がっていきます。

スポンサーリンク

しかしウイルスそのものは比較的弱く、感染しても不顕性感染といって、全く症状が出なかったり、症状が軽い場合もあります。

 

このことから病院では対症療法を行います。
対症療法とは症状に応じて、症状の緩和や症状を止めるような措置をします。

 

次に反復性耳下腺炎ですが、これははっきりとした原因がわかっていません。
アレルギーやストレス、疲労からくるものと考えられています。
その症状はおたふくかぜと似ていますので、区別することが難しいとされています。

 

抗生物質を唯一使用するとしたら化膿性耳下腺炎でしょう。
これは耳下腺に細菌が入り、炎症を起こして化膿し膿が出ます。
原因が細菌とされていますので抗生物質を使用することによって直りが早くなる可能性があります。

 

ただし抗生物質には上記に挙げたように、腸内の善玉菌なども殺菌してしまうこともありますので、使用の際には医師の指示に従うようにしてください。

スポンサーリンク