耳下腺炎 抗生物質 効かない 理由

耳下腺炎に抗生物質って効かない?その理由とは!?

スポンサーリンク

耳下腺炎のひどい痛み、これは皆さん少しでも和らげたいと思っていることでしょう。

 

その痛みに抗生物質は効くのでしょうか?
おたふくかぜの原因であるムンプスウイルスに効果のある薬はあるのでしょうか?

 

このような疑問に答えていきたいと思います。

 

まず抗生物質ですが、この薬は医学の進歩により人間の手によって生み出された最高の薬だと思います。

 

しかしその効果はさることながら、副作用もあります。

 

はじめに答えを言ってしまうのですが、おたふくかぜ「流行性耳下腺炎に抗生物質は効果が期待できない」ですね。

 

なぜなら抗生物質は細菌を殺すものであって、ウイルスには効果がありません。

 

多くの人は風邪になったら抗生物質を病院でもらおうなどといった考えを持っていますが、それは間違いです。
中耳炎や気管支炎などの細菌感染した場合には効果が期待できるでしょう。

スポンサーリンク

抗生物質を飲む際は注意しましょうと医師は言うと思いますが、それは菌も環境によって適応するように繁殖していきますので、菌が抗生物質に対して耐性がついてしまう恐れがあります。
また、大量に服用してしまうと、腸内の多くの必要な細菌、善玉菌などのような存在しなければならないものも一緒に排除してしまう恐れがあります。

 

特に子供の頃に服用してしまうと、潰瘍性大腸炎などの病気にかかりやすくなるとも言われています。
風邪はもちろん、おたふくかぜ「流行性耳下腺炎」にも子供の頃はかかりやすくなってますので抗生物質を処方されたら医師に確認をするのもいいかもしれません。

 

最近ではウイルスには効くような抗生物質もあるそうですのでやはり医師に確認をするのがいいでしょう。
耳下腺炎はほとんどの場合、痛み止めや解熱剤などを処方されるだけで終わる場合が多いようです。

 

抗生物質はあまり効果が期待できないからです。
また病院では抗生物質を処方する際は決められた病気だけにしかできません。

 

それ以外で処方してしまうと病院が全額負担、患者が全額負担といったことにもなりかねませんので注意しましょう。

スポンサーリンク