耳下腺炎 熱 大人 症状

大人の耳下腺炎は熱に注意!/症状と治療方法について

スポンサーリンク

誰もが一度は耳にしたことがあり、そして発症したことがある人が多い病気におたふくかぜ「流行性耳下腺炎」(りゅうこうせいじかせんえん)があります。
自身で一度は経験し、お子さんをお持ちの人は大抵の方が耳にしたことがあると思います。

 

この病気は子供の頃に発症しやすい病気で、ほっぺが腫れる症状が出ます。
子供の頃に一度発症すると体の中で生涯免疫が出来ますので2度と発症することはありません。

 

しかし2度目になってしまったといった場合には反復性耳下腺炎の可能性もあります。
特に成人の女性が多く発症すると言われています。
ただし子供の頃に、流行性耳下腺炎を発症せず、大人になった人もいらっしゃるでしょう。

 

そのような人が流行性耳下腺炎になるとどのような症状が起こるのでしょうか?

 

おたふくかぜは大人になってから発症すると症状が重くなるとイメージしている人が多いと思いますが、それは正解です。
全員が全員そうであるかと言われると一概には言えませんが子供の症状より重くなるケースも多くあります。
その症状は耳の下から顎にかけて腫れる、熱が出る、頭痛や咳、鼻水などといったさまざまな症状が出ます。
特に発熱には注意しましょう。

スポンサーリンク

初期症状で頭痛が見られ、その後腫れ、さらに発熱と続きます。
大人になると直りが遅くなることもあり、38度以上の高熱が出ることもありますので、高熱になってしまった際は、すぐに病院へ行くようにしましょう。

 

また、40度以上の高熱が続いてしまうと合併症の危険性も高まり、男性の場合は精巣炎を併発する可能性も高まります。
そうなってしまうと最悪の場合、可能性は低いですが子供が作れなくなってしまう場合もあります。

 

熱はおよそ3日〜5日程度続き、それ以降は徐々に熱も下がっていくことが多いようです。
人によっては発熱がない場合もあります。
そうした場合でも耳の下が腫れている場合は耳下腺炎を疑ってもいいかもしれません。

 

おたふくかぜは人から人へ感染する病気ですので、出勤はしない方が良いです。
反復性耳下腺の場合は人にはうつりませんので、出勤しても大丈夫です。
しかし二つの病気は、どちらなのかを判断することは難しいですので医師の判断を仰ぐようにしましょう。
熱が出た場合にも、重症化する前に病院へ行き、早期治療をすることをオススメします。

スポンサーリンク