反復性耳下腺炎 ストレス 原因

反復性耳下腺炎の原因は「ストレス」や「過労」

スポンサーリンク

反復性耳下腺炎というのは簡単に言うとストレスや疲労などの原因によって耳下腺が腫れる症状が繰り返し起きるというものです。
1年のうちに数回繰り返し腫れなどの症状が起こりますので早く治したいですよね。

 

反復性耳下腺炎について詳しく見ていきましょう。

 

 

耳下腺というのは唾液を分泌する唾液腺の一つで、この耳下腺が腫れることによって発症します。
腫れというのは多くの場合は炎症を起こすことによって生じます。
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の場合にはムンプスウイルスに感染することによって発症します。

 

しかし反復性耳下腺炎の場合にはその原因はわかっていないのが現状です。
上述したようにストレスや過労、他にもアレルギー症状や先天性の異常、唾液分泌の異常などと考えられています。

 

発症しやすい年齢は5歳から6歳と言われていますが早いと1歳でも発症します。
初めのうちは頻繁に症状を繰り返すことがありますが症状は徐々に緩和していき思春期を過ぎたころから症状は生じなくなっていきます。

スポンサーリンク

しかしストレスや過労による自律神経の乱れというのは大人にもつきものですので大人も発症することがあります。
おたふく風邪と見分けがつきにくいと言われていますので人へ感染させてしまうおたふく風邪ではないことを検査で確認することは重要です。

 

子供が感染した場合には小学校や園などで流行していれば多くの場合はおたふく風邪です。
そのため病院では検査結果が出るまでは学校や仕事を休むようにと言われる場合がほとんどです。
結果が分かった時点で反復性耳下腺炎と診断された場合には仕事や学校へ行っても大丈夫です。

 

反復性耳下腺炎の場合には人へと感染させてしまう心配はありませんが、耳の下が腫れているということは多くの人がおたふく風邪と疑ってしまうかもしれません。
仕事先などへ出勤する際にはマスクを着用していくほうがエチケットにもなりますのでオススメです。

 

しかし病気であることは違いがありませんので出来るだけ無理をしないようにしましょう。
ストレスが原因になっているとも考えられていますので日ごろから適度な運動などでストレスを発散しましょう。

スポンサーリンク