耳下腺炎 腫れ 冷やす おすすめ 対処方法

耳下腺炎の腫れは冷やす!オススメ対処方法

スポンサーリンク

耳下腺炎を発症すると辛い症状に見舞われます。
その症状は耳の下あたりの腫れ、痛み、発熱、唾液を分泌する際の痛み、頭痛、吐き気などの症状が起こります。

 

耳下腺が腫れることでの痛み、さらには耳下腺というのは唾液を分泌する器官ですので唾液を分泌する際の痛みが特徴です。
そのため唾液を良く分泌する食事の際には痛みが増幅する傾向にあります。

 

しかし唾液というのは食事のときではありません。
一日中分泌は起こっていますのでひどい場合には一日中痛みが出るということになります。

 

【この症状を緩和する方法は冷やすことが大切です。】

 

保冷剤、氷、氷枕などを使用してほっぺの辺りを冷やすことで症状が一時的に緩和する期待ができます。
その際には氷などを直接当ててしまうと凍傷にもなる可能性がありますので注意してください。
冷やすというのは炎症を起こしている際には有効な手段です。

 

その冷たさによって一時的な麻酔効果を発揮してくれます。
食事の痛みが増すときに効果的に使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

また食事の内容にも注意が必要です。
唾液の分泌が少ないということはなかなか飲み込めないと思います。

 

そのため水分が多い食事を摂りましょう。
おかゆやうどんなどは刺激も少なく、消化にも良いですのでオススメです。
しかしおかゆに梅干しを入れることは避けたほうががいいかもしれません。

 

梅干しを想像すると唾液が分泌されませんか?
唾液が分泌されるということは痛みが増幅しますので梅干しなどの酸味の強いものは避けましょう。

 

また刺激の強いものも同様です。
刺激物や酸味が強いものは避けて水分が多いものを食べましょう。
咀嚼を行うことで唾液は分泌されますのでおかゆなどの咀嚼回数が少ないものはおすすめです。

 

このように耳下腺炎の症状を緩和させる方法がありますので試してみましょう。
耳下腺炎の痛みというのは辛いです。
予防接種を打っておくことによって症状が軽く終わることもありますので事前に対処することも可能です。

スポンサーリンク