耳下腺炎 抗生剤 効かない 種類 化膿性

耳下腺炎には抗生剤は効かない種類がある!/化膿性には効果あり

スポンサーリンク

耳下腺炎というのは耳の下あたりある耳下腺が炎症を起こすことによって腫れる病気です。

 

これには種類がいくつかあり、最も有名なものはおたふく風邪(流行性耳下腺炎)です。
その他には反復性と化膿性が存在します。

 

耳下腺炎で抗生剤を使用することがあるものについてお話していきましょう。

 

この中で抗生剤を使用して治療を行っていくのは、基本的に化膿性耳下腺炎だけです。
他の種類には効かないと考えられますので、原因について掘り下げましょう。

 

おたふく風邪の原因はムンプスウイルスに感染することによって発症します。
抗生剤というのは細菌に対して効果が期待できますのでウイルスには効果的には使用できないと考えられます。
ただし最近ではウイルスに対して効果が期待できる抗生物質もあります。

 

ムンプスウイルスに対する抗ウイルス剤というのは現在はありません。

 

そのためおたふく風邪の治療は解熱鎮痛剤などを使用しての対症療法となる場合がほとんどです。

スポンサーリンク

反復性耳下腺炎の場合には抗生剤はほぼ効かないでしょう。
この原因は詳しくはわかっていませんがストレスや過労、アレルギー反応、先天性の異常などと考えられています。
このような場合には細菌があく栄養を及ぼしているわけではありませんので対症療法となります。

 

化膿性の原因は細菌によるものがほとんどです。
細菌が耳下腺に侵入することによって発症しますので抗生剤は有効な治療方法です。

 

このように原因によって治療方法が異なります。
対症療法によって行うこともあれば直接原因菌に効く薬を使用することもあります。

 

対症療法というのは熱があれば熱を下げる薬、吐き気があれば吐き気を止めるなどのように症状によって治療を行っていくというものです。
原因になっているものを根本的に治療するものではありません。

 

また抗生物質というのは副作用もあります。
細菌を殺菌してくれますがもともと身体に常駐している菌も殺菌してしまうことがありますので免疫力低下につながることもあります。

 

他にも菌が耐性を付けてしまうこともありますので医師に指示に従い使用するようにしましょう。

スポンサーリンク