反復性耳下腺炎 熱 出る なし

反復性耳下腺炎の熱が出る場合と熱なしのことがあります!

スポンサーリンク

反復性耳下腺というのはその名のとおり反復して症状が出ます。
その原因というのは詳しくはわかっていません。

 

原因がわかっていれば根本的な治療法もあることもありますが原因がわかっていない現在では対症療法がおこなわれています。
対症療法というのは症状に合わせた治療方法で痛みには痛み止め、咳には咳止めなどのように行っていきます。

 

反復性耳下腺炎で熱が出る場合と熱なしの場合があるのでしょうか??

 

耳下腺炎と言うのはおたふく風邪が代表的なものになりますが、おたふく風邪の場合には熱が強く出ることがありますが反復性の場合には比較的穏やかであると言えます。

 

そこまで熱などの症状が強く出るということは多くありません。
熱が出ないことがほとんどで、微熱の症状が出る場合もあります。

 

他には耳下腺の腫れのみということもありますので治療で薬を使用しないことが多いです。

 

そもそも発熱というのは身体の免疫機能によって起こっています。
体の中でウイルスや細菌を追い出そうとする機能によって体温があがります。

スポンサーリンク

これは多くの病気に共通して言えることです。
熱を無理やり下げるということは身体の免疫機能も低下してしまうことがありますので注意が必要です。

 

ただし我慢することもよくありませんので医師の指導の下で解熱鎮痛剤などを服用するようにしましょう。

 

反復性耳下腺炎の治療や対処方法というのは少ないですが症状に合わせた対処を行うことによって痛みなどを緩和させることは可能です。

 

しかし薬には副作用があります。
例えばNSAIDsに代表される解熱鎮痛薬などは胃を傷つけてしまいます。
他にも高血圧や湿疹などの副作用もありますので医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

 

ただし薬を飲むほどの痛みはないことがほとんどです。
熱なしの場合がほとんどですのでそこまで心配する必要はないかもしれません。

 

おたふく風邪の場合にも同様です。

 

ただし化膿性耳下腺炎の場合は細菌が原因となって炎症が起こり膿が出ます。
この場合には抗生物質を服用しなければ症状が緩和しないこともありますので病気の種類に応じて対応する必要があります。

スポンサーリンク