耳下腺炎 アレルギー 症状

耳下腺炎はアレルギーによって発症する!?その症状は?

スポンサーリンク

耳下腺炎になる原因にはウイルスや細菌によるものが一般的には多いです。

 

ウイルスによる流行性耳下腺炎(おたふく風邪)
細菌による化膿性耳下腺炎

 

この2つが基本的には多いですがもう一つ耳下腺が腫れる病気が存在しています。

 

それが「反復性耳下腺炎」です。

 

反復性が起こる原因は
アレルギー反応
ウイルス感染
先天性の異常
唾液分泌異常
ストレスや過労
虫歯

 

これらが原因となって起こるものが反復性になります。

 

しかしアレルギーが原因となって起こることは一般的には少ない症状です。
反復性耳下腺炎の症状というのは耳下腺の腫れのみであることがほとんどです。

 

まれに微熱や頭痛などを伴うこともありますが基本的には耳下腺の腫れだけであることが多い病気です。
耳下腺というのは耳の下にありますので耳の下あたりが腫れます。

 

大きく腫れるとほっぺが膨らんでいるように見えます。
耳下腺の腫れは片側であることが多いですが片方である場合もあります。
しかし交互に腫れる場合もありますので一概にどこに出るかはわかりません。

スポンサーリンク

アレルギーというのは身体の中に異物が入ってきた際の免疫による抵抗している状態です。
例えば花粉症が有名ですが、花粉が身体の中に入ってくると異物とみなすと身体は排除しようとします。
基本的には有害なものに対して行われる免疫反応が、身体に害のないものに対しても行われてしまうものです。

 

花粉症の場合には花粉をアレルゲン(有害なもの)と認識するようになっています。
例えば花粉症などの場合には口の中を通り、耳下腺に侵入することによって起こると考えられます。
あくまでも例えばの話ですが、このようなことが原因となって起こる可能性もあります。

 

しかし現在では反復性の原因というのははっきりしていません。
ですが反復性というのは耳下腺の腫れの症状が繰り返す病気です。
そのためアレルギーが原因と考えるならば繰り返すこともありえます。

 

しかし原因がはっきりしていないため治療方法も対症療法となります。
アレルギーが原因で耳下腺炎を発症したと突き止めることは難しいと言われています。
そのため、医師と相談しながら治療をしていくことが大切です。

スポンサーリンク